ここから

『ここから』はじめるお金のこと&日々のこと

知識は誰にも奪われることのない財産

『知識は誰にも奪われることの

ない財産です』という言葉を

聞いたときは若いころで

本当にそうだなと思いました

 

そこにプラスして

知識と経験は、、、という風に

考えて今まで生きています

 

 

なので

子どもを持ったときから

教育は子供の未来への投資だと

思っていますし

可能な限り色々経験させて

触れてもらって 子供が

興味があろうがなかろうが

やったことがあることを増やして

いきたいと思ってやってきました

 

f:id:sakurakokun:20210430160436j:plain



 

大人になっても学べることは

ありますし

学ぼうという気持ちがあれば

いくつになっても続けられることです

 

ただ学ぶことの習慣は

さいころからの成功体験などに

基づくのではないかなと

 

勉強に向き合ったことがある人は

大人になっても勉強が必要な場面で

勉強という壁が高くて困難であっても

よし やるかと思えるのかなと

 

ただ大人になってから追加で色々

資格や検定を勉強して受けるのは

時間もお金もかかるため

出来るだけ 若いうちに取り掛かった方が

いいだろうなと思います

 

私の人生はある程度生きてきました

まだまだ長生きとかまだまだ楽しみたいと

思う気持ちより

私はずっと普通に健康で 家庭もあり

仕事もあり 金銭面にもきっと

恵まれてきたので

この先は大きなことは望みません

普通に暮らしていけたらいいです

 

望みは子供の人生が豊かでありますように

子どもが家庭を持つことがあると

したら 子供の家庭やそこから広がる

人生が贅沢という意味の豊かではなく

心豊かに暮らせますようにという願いだけです

 

そのために 教育は必要かなと思い

それ以外にも 資格だとか

大学生のうちに一つでも何か

自分のアピールに書き足すことができるものを

お金は支払うので どうぞ取得してくださいと

いう気持ちがあります

 

今のうちならまだしてあげられるし

子どもの脳も柔らかく 勉強するのは

大変だろうけど まだやれる

 

子どもがやりたいことをさせてあげたい

というのもいいけれど

意外とやりたいわけではなかったものが

後々人生の役に立つというときもあったりして

あの時の知識が役に立ったという

場面がきっと一瞬でも現れるときが

くるかもとか

仕事で良いきっかけになるとか?

 

お金を残すことはできるかもしれない

けれど

人生を遊んで暮らせるお金を

残して 果たしてそれが子供の人生を

心豊かにするでしょうかね?

 

人って一日何かしら労働して、、、

今日の技を成し終えて

心軽く安らげば。。。と

遠き山に日は落ちての歌詞のように

生きることの方が価値があると思っています

 

なので 私が思う子供に残したい財産は

知識と経験

そういうことがより良い人生を送れる

要素が含まれているような気がしています

その二つを元に彼らが生きるっていうことの

深い部分を彼らなりに答えを探しながら

歩んでくれたらなと思ったりして

 

そういうのって人間味ってことなのかな

私が何にお金を使うかと言ったら

そういうことにお金を使いたいと思っています

 

私が思う 私が生かされている意味は

子どもに人生を繋ぐことだと思っていて

それを実行できている今は私は幸せです

彼らを守る 全力で

家族の生活を守る それだけです

 

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

ここから - にほんブログ村