ここから

『ここから』はじめるお金のこと

2021年4月 家計簿(5月予算)新年度の変化

月の後半 二人のお給料が出そろいました

二人のお給料日は違うのでなんだか

2回収入がある感覚です

二人分の収入だから あって当たり前なの

かもしれませんが 

私が2回お給料をもらっているように

お得に感じられます

 

 

でも夫のお給料をショッピングセンターに

寄り道して下すつもりが なんかウキウキと

買い物して 最後に何しに来たんだったっけ?と

思い出して 荷物を持ちながらATMに寄りました

金曜になると嬉しくなるので忘れて

しまうのですよね。。。

 

f:id:sakurakokun:20210424122835j:plain

 

支出系 ↓↓↓  
項目 金額
住宅ローン 34000
携帯 6500
医療保険 21000
NHK 2500
水道 13000
電気 18000
学校 21500
ガソリン 13000
塾他 44500
夫小遣い 40000
私小遣い 15000
子供小遣い 7000
食費 62000
雑費 3000
レジャー 10000
保険積立 6000
医療費 4000
バス代 5000
賞与小遣い積立 5000
   
   
合計 331000

 

支出系です。

スマホ代が今は楽天モバイル

 1年は無料のため 家のWifi代と機種変した

 分割分くらいになりました。

〇塾代はあまり変わらずですね

〇子供のお小遣いを4000円と3000円に

 1000円ずつアップしました

〇バス代が連休があるので1000円下げています

 本来は6000円なのかなと思うのですが

〇病院代 夫が毎月2000円ほどかかるように

 なりました

〇学校代 子供1人のお金が昨年コロナのせいか

 あまったそうです 35000円くらい?

 それを今年度に繰り越すようなので 

 月々の積み立て金が低くなりました

 イベントなどもなくなっていましたしね

 

学校の年間金額は4月に学校から持ち帰りますので

予め予算に入れて計算することは可能かと

思います

 

他の家の家計のことは それぞれ状況が

違うのでわからないのですが

子供のことがなければ我が家は30万あれば

普通に暮らせて行けるのだと思います

 

特に何にお金を使っているという

感覚はないですね

ローンは低めになっているのでここが

一番助かるポイントだと思います

 

繰り上げ返済をして 毎月の支払が

少なくなるようにしました

長い目でみたら早く返済できるよう

期間を短くする方を選んだほうがいいのかも

しれません 利息の計算をするとですが、、、

でも利息を含めて長く 支払いをしても

私の場合は月々の金額が少なくなる方が

気持ちが楽だったのですよね

 

その分 貯めるお金や投資に回すことができて

考え方はそれぞれなのだと思います

 

今 休業や時短などで時間外などが減り

お給料が減っている人が沢山います

残業代ありきで生活できていたという

日本のお給料面について 考えるように

なっています

その話はまた 今度書こうかな

覚えていたら。。。

 

貯蓄系 ↓↓↓  
項目 金額
学資保険 12000
ideco 23000
確定拠出年金 7000
個人年金 10000
友の会 5000
預金 0
貯蓄保険 14000
米国ETF 20000
合計 91000

 

今回の貯蓄系は

毎月の半分位になりました

理由は預金に回す部分がゼロだからです

 

5月は連休もありますし

お祝い事があり ちょっと豪華にしようと

思っています

夫の昇格?昇給祝いです

旅行に行けるわけでもなく 親戚も集まらず

子供たちもつまらない連休になります

ここでお祝いくらいしておかないと

メリハリのある人生に

なりませんからね。。。

 

夫の会社のお給料はこの度から変更がありましたが

私の会社は翌月なので5月から上がります

なので また少しアップするかもしれませんが

7月になれば 夫の標準報酬があがり

社会保険料で少し下がるかもしれませんね

 

ひとまず我が家の一年がスタートしました


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

ここから - にほんブログ村