ここから

『ここから』はじめるお金のこと&日々のこと

夫の入っている医療保険の内容① 備忘録

以前 私が入っている医療保険の内容を

書いてみましたので 夫のものを書いてみます

 

f:id:sakurakokun:20210505104525j:plain

契約時 43歳

月々支払い 約8000円

終身保険 60歳まで支払い

 

入院 日帰り~5日目まで 一律 25000円
入院6日目以降 一日 5000円
集中治療室 一回につき10万
手術 入院中の手術 一回につき5万
外来での手術 一回につき25000円
放射線治療 一回につき5万
初めてガンと診断されたとき(回数制限なし) 一時金として100万
先進医療をうけたとき 先進医療に関わる技術料と交通費・宿泊費 実費払い

 

 

〇日帰り~5日までの入院で一律25000円支払われます

 職場の方の入院などを聞いていると

 1週間以内の入院が多いですね

〇ガンと診断されたとき 一時金として100万支払われます

〇先進医療を受けたとき 先進医療に関わる技術料と

 交通費・宿泊費(通算2000万円まで)実費払いで

 支払われます

 

先進医療は大学病院等の医療機関で研究・開発された

医療技術になります。

がん治療センターや がん研究センターは地方住まいの

私たちからすれば遠い場所ですね

交通費や宿泊費は確実にかかります

そして治療の費用は何百万ともいわれています

 

知り合いのご友人夫婦 奥様の乳がん治療に1000万

かかったそうです

きっと保険に入っていたのだと思われます

奥様はお元気で過ごされているそうです

知り合いは そんなに払えないわ

がんになったら 諦めるって言っていました

 

病気になった時の気持ちは 今の状態では

計り知れないと思います

今の意見もその時になったら 変化があると

思います

 

何年も大人数の社会で働いていると

色々な人生の方に出会います

ご自身がご病気になられる方

ご家族がご病気になられる方

みんな 色々あります

 

元気な時にはわからないことだらけですね

 

働いていれば 健康保険から傷病手当金として

収入の6割が支払われますし

高額療養費制度がありますので 

私で言えば 8万以上になれば支払わなくていいですが

ベッドの差額代 入院に関する買い物

様々なことにお金がかかります

 

大部屋でいいと思うでしょうが

体がつらい時は個室の方が安心します

年々そう思う

 

大部屋は今はコロナ禍で人の行き来はないと

思いますが 人の会話が聞こえるのも

苦痛です

 

ガンにならない保障はないですし

治療は長くなるかもしれないです

貯蓄で何とかなると思っても その貯蓄が

働けないのに減っていくと思うと心細くて

せっかく治療に専念しようと思っても

お金のことを計算しなければならないなんて

私は嫌、、、 怖いです

 

夫の支払い額は年96000円

60歳まで支払えばあとは終身なので

支払い額は1632000円になります

 

長く生きていれば 何かしらあるでしょう

全体的に考えて160万ってそんなに

支払って惜しいお金かなぁって思っています

 

私の支払い分も含めて考えても300万すこし

私がリタイアを先伸ばしにして一年長く働けば 

それで賄える安心

 

貯蓄がある人が保険に入らないって聞きますが

貯蓄があるなら 少しでも医療保険がん保険

入っておけば安心なのにって 思っています

働けなくなって 貯蓄が減る方が気になります

 

もちろん高い費用だけ払い続けて

使わなかったって人も沢山いらっしゃると

思います

 

でも実体験や経験した方のお話を聞くと

やっぱり。。。

貯蓄が減った分 患ったお体でも仕事がやめられず

負担を不安に思いながら 仕事を続ける人

働いていないと健康保険から傷病手当金

いただけないですからね

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

ここから - にほんブログ村