ここから

『ここから』はじめるお金のこと

2020年8月 家計簿(9月予算)多分光熱費はもっとかかっている

 

8月も無事お給料が出そろう予定

なので家計簿予算を作りました

 

↓支払い

支払い  
ローン 35,000
食費 47,000
雑費 4,000
レジャー費 12,000
夫小遣い 40,000
私小遣い 15,000
ネット&携帯(4台) 15,000
医療保険(4人分) 21,000
NHK 2,500
水道 10,000
電気 15,000
学校&給食 30,000
ガソリン 13,000
塾代(2人) 47,000
車保険積立 6,000
子ども小遣い 6,000
子ども歯医者 2,000
バス代 4,000
合計 324,500

 

子どものスマホを一台解約したので

2000円ほど安くなりました

ですが 子供の塾代が増えましたね

頑張ってもらうしかありません

 

子どもが予定よりあまりバスを

使っていないのでバス代予算が

あまっています

カードの中にも残金があるそうです

なので様子見ながら予算立てています

 

貯蓄↓

貯蓄関連  
学資 12,000
ideco 23,000
個人年金 10,000
百貨店友の会 5,000
賞与お小遣い積立 5,000
貯蓄保険 14,000
現金貯蓄 135,000
合計 204,000

 

多分というか絶対なのですが

光熱費はこの予算で口座に入れていますが

引き落とし額はもっとかかっているのですよね

でも全然電気代と水道代チェックしていない私

 

本来なら家計簿はいくら使ったのか

帳簿につけていき実態を把握することが

目的なのかもしれませんが

私の場合予算立てのやり方なので

実際ガソリン代が月どれくらいかかっているかとか

調べたりはしないのでざっくり

一回3000円を何回入れる?みたいな

感じで計算しています

 

子どもの学校代もざっくりで

実際は1万円入れてもそれ以下の引き落としの

時もありますね

コロナの時はそうだったかな

 

引き落とし口座にポンポンとお金を入れて

残高があるので多分なんとなくうまく

相殺されているのかなと思っています

 

カード支払いの場合も9500円使ったら

1万円いれておくことにしてます

 

この暑い夏 子供たちはずっとエアコンつけて

いるので電気代に15000円はないなぁ

年で使用料を合計して 月割りにした予算組みに

してある感じですね

 

会社だったら そういう風に予算立てて

計算していきますよね

過去の実績から月平均を割り出して

これくらいかかると思うという、、、

そういう感じです

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ