ここから

『ここから』はじめるお金のこと&日々のこと

読書『真夜中の独り言』瀬戸内寂聴

読書『真夜中の独り言』

瀬戸内寂聴

 

いつも 本は図書館で借りています

 

瀬戸内寂聴さんが亡くなって

早速 瀬戸内寂聴さんの本が集められた

ブースが設けられていました

f:id:sakurakokun:20211123101851j:plain

 

 

 

私の祖母が好きで家に何冊もありましたが

なんとなく

手に取ることはありませんでした

 

 

母もなかなかの本を保有していましたが

母の本も手にしたことはありません

 

今はストーリーを読む気にならなかったので

一番軽く読めそうな エッセイ?

日記のようなスタイルの本にしてみました

 

 

2000年?あたりの

年代だと思われます

80歳になったころのようなので

99歳で亡くなられたのでしたら

2001年とか2002年でしょうか

 

内容は小泉首相イラクの話が

出てきます

 

不景気な日本と書かれていますので

バブルの後、、、のことですね

 

ずいぶん 昔のことのように

感じられますね

 

私はまだ20代

鈴木宗男さんの問題も

よくわかりませんでした

聞いたことは確かあるような

 

海外を行き来していた頃ですね

 

中村勘九郎さんが出てきたり

美輪明宏さんが出てきたり

ショーケンさんもよくでてきます

三宅一生さんのことも出てきます

 

亡くなった人もいるし

まだよく耳にするお名前の方も

いらっしゃいます

 

とにかく

80代になっても

まだまだお元気でとても幅広い

交友関係

そして 色々な活動のお手伝いをして

たくさん日本中を駆け回り

イベントにお出になり

執筆活動をして

写経やお経や 寂庵でのおつとめを

されて

一体あんな小さそうに見えるお体の

どこにそんなパワーがあるのでしょう

 

絵を見たり

音楽を聴いたり

能を鑑賞したり

本当にお忙しいことです

 

日記スタイルの時々書き綴る中でも

あちこち飛び回る姿が目に浮かびます

 

まだそれでもお若いころ

だったのでしょうね

 

40代の私はまだまだまだまだ

何も成し遂げておりませんね

 

そんな感じで

読んでいると目まぐるしい

寂聴さんの生活が感じ取れました

交友関係もさることながら

興味があることへの意欲も感じられ

可愛らしく 本当に知的意欲が深い方ですね

 

本来の小説もまた読んでみたいと

思います

 

私はここまで出歩きたいとは

思えませんが

時間が出来て お金にある程度

余裕が出来れば

演劇をみたり 音楽を聴きに行ったり

絵を見たり そういう文化的なことに

触れたいと思います

沢山そういう機会を自分で

みつけていきたいですね

 

瀬戸内寂聴さんをたどるだけで

なかなかの本の数

老後は時間が沢山あるので

良いかもしれません(^^)

と思いました

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
PVアクセスランキング にほんブログ村