ここから

『ここから』はじめるお金のこと&日々のこと

読書『結婚式っておもしろい!?』

今読んでいるものが

『結婚式っておもしろい!?』

 

 

結婚式をしたくないと思っていたけれど

親や周りの勧めで行うことになり

レストランウェディングにするつもりが

だんだん しっかり披露宴になっていく

お金のことや もめたことなどが

詳しく書かれています

 

 

これから結婚式をしようとする人は

こんなに大変なの?と思う部分も

多いかもしれません

会場選びとか どんな感じが希望かとか

とにかく 決める前から決まった後も

打合せが多いから、、、

 

忙しい若い人にとっては なかなか

もめる原因になりますよね

 

自分のことを思い出してみました

 

私の場合は 二人とも地元から

県外の会社で出会って結婚しました

結婚式を挙げたのは 私の地元になりました

おばーちゃんを参加させたいというのが

母の願いであったから

そして そのころの夫の勤務先が

隣県であったこと

夫の兄弟たちが私の実家の方から近かったこと

 

夫の両親が一番 遠かったかな

すみません。。。

 

でも 私の実家側も 夫の側も

私たちが最後の結婚式

結婚式自体 慣れたもので

結納に来ていただき ついでに式場ホテルを

一緒に見に行ったりして 流れは順調でした

 

式場はホテルでした

こちらは私の実家がいつもごひいきにさせて

もらっているホテルで

何度も色んな場面で利用させてもらっています

私も友達が式を挙げないというので

友人で小さなお祝いのパーティーを企画したり

中学の同窓会で100人規模で企画して使わせて

もらったりしていたので

自分の結婚式になっても 

いつもお世話になっております~って互いに

言い合っていました

 

息子が誕生した際のお披露目会とか

父の60歳のリサイタルパーティーとか、、、

 

会場が初めから決まっていたので

話は一つ楽ではありました

日付も決めたら あとは、、、

 

参加者リストを作って 

大体 今までと同じようなメンバーで

違うのは夫は会社の男性が多かったこと

私は地元友人が多かったことでしょうか

 

食事は引き出物決めなどの際に

打合せに行って 食事させてもらって決めたり

美味しかったです

 

夫さんともめることは ほとんどなかったです

私と夫はそのころ結構離れて住んでいたのですが

ほぼ私が決めていったので、、、

 

衣装選びの時は 母もついてきて

私が決めた色が 薄い。。。といい

お色直しを増やされたりしました

 

費用で言えば 兄弟も親が出していて

私の時も親が出したので 実際いくら使ったのか

知らないという 過保護で怒られるような

私です。。。

 

私側 夫側はそれぞれ招待客数で分けて

計算されていると思います

 

実際のところ 聞いていませんが

多分 夫もお義父さんたちが出しています

 

そういう面では 私たち夫婦は同じような

環境で育ったのかなと思ったりしています

 

お金の面で喧嘩することが

全然ないのですが

夫が穏やかな人であることが一番です

 

でも お金をかけるところが

家族のこと まず健康のこと

そして教育のこと

そういう優先順位などが同じなのだと思います

 

住まいとかに関して 大きくこだわりは

なかったのもあっていますね

 

場所だけは結構探しましたが

子どもたちの部屋とリビングと私たちの寝室と

一つ和室があり

それ以上になにか特別求めたりはなかったです

 

結婚式がすんなり行えたこと

色々なことは全て親のお金があってのことで

もう それは大人になって感謝しかないのですが

あの頃は周りも結構そうだったので、、、

今はお祝いをもらうけれど 本人さんたちが

貯金して行うというので 時代が変わってきているのねと

思いました

 

なので私も 子供たちの結婚資金は用意して

出すつもりでいます

自分がしてもらったことを返す

それが私ができることですからね

 

結婚式はして よかったと思います

互いの親戚が一度で対面することができますし

互いの家庭環境を知ることができます

 

結婚式までの道のりで 結婚に対する

気持ちもぐっと高まり 結婚届けを

出しに行ったときより 改めて

結婚するんだー と したんだーーを

実感することができますからね

夫婦になるんだって思えました

 

親にとっても 区切りがつくみたいです

 

夫側 私側の兄弟同じ人数で全員

順番に結婚していき

私たちが最後の組

兄弟に家庭ができ 子供たちが生まれて

本当に賑やかに 子孫繁栄して

両家幸せな形で過ごせた日だったと思います

 

今も全員元気で過ごしています

甥っ子 姪っ子たちは大人になって

働き出したり 大学生になっていたり

あれから~の時間の流れを感じます

両家の両親も若くて 元気に満ち溢れていたな

(いや 今も結構元気。。。)

 

そんな 似たもの家族が一緒になった日でした

結婚するって家族が増えること

親戚が増えることは嫌なことばかりでは

ないわけで、、、

一人で育ってきたわけではないので

色々なことを知る機会になったと思います

 

コロナ禍で会えなくなっているから

会いたくなりました

いつものわちゃわちゃして 賑やかな

家族一同が会する盆や正月が懐かしいです

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

ここから - にほんブログ村