ここから

『ここから』はじめるお金のこと&日々のこと

親との距離感

父の日がきますね

 

ネットを見ていて

矢部太郎さんのお話がなんとなく

理解できました

news.yahoo.co.jp

 

親孝行みたいなことから逃げている

プレゼントを贈りあうような関係ではない親子関係も

あるということが書かれています

そうなるには そうなるような幼少期の気持ちや

まだまだ納得できない気持ちがあるのだと思います

 

 

世の中は母の日やら父の日を

販売目的で色々スーパーなどでも

掲げていますが

それらをみて 年に何回か苦しいとか

苦い気持ちになる人も少なからずいるだろうなと

思ったりします

f:id:sakurakokun:20210528094457j:plain

 

納得する部分 理解できる部分が

私の中にはあります

そんなこと書くと 両親に悪いのですが

両親がどうとかではないのかなと

私の場合は思います

 

私は早い時期に家を出ましたので

実家で親と暮らしたのは15年ほどです

兄弟は県外に行った兄がいるので一緒にいた

時間はもっと短いです

 

海外に行ったので

家族へ愛や感謝を伝えるとか

贈り物をするという習慣に慣れたため

親や周りへ贈り物をすることが自分の中で

定着しています

 

親からも誕生日でも何もなくても

いつも色々送ってもらっているし

そういう面では照れることはないです

 

私の誕生日には毎年誕生日カードと

お祝いのお金が送られてきます

 

親への愛情もあるし 感謝の気持ちもあるけれど

だからといって しょっちゅう電話をするかと

全然しませんし

メールもこちらからするかといえばしない

母からはきますね なんかの報告が多いけど

 

コロナがなくても会うのは 県外ということもあり

年に1回か2回か。。。

一回は家族総出で もう一回は一人で訪れる感じ

 

遠くに離れすぎたのでしょうね

離れて存在し続ける人生だったので

違和感を私は感じていないのですが

 

最近は『嫁』という立場になって

ずいぶん 言われることが減りましたが

親との連絡の少なさとか その他もろもろに

ついて 人から色々言われることは多々ありました

 

親との距離感は

人それぞれだと 本当に思います

 

自分の親に関して言えば

もう他の兄弟家族が近くでいて

そちらで形ができている

最強ママンはまだまだ色々考えて

人生楽しんでいるし

 

私は夫の両親をサポートする側に

いるため

もうお嫁に行った人なんですね

 

自分の親と暮らした時間より

義両親のそばにいる時間の方が長く

なってしまいました

 

地元にいるわけではないので

必然的に 実両親より義両親とのかかわりが

増えていきます

 

親孝行という思いは忙しいと滅多に

思い出しません

実両親に対しては 兄弟家族に感謝しています

まぁ 実家が経営しているものを継いだのだから

そうなるのは当たり前にはなるのですが・・・

だから あまり私はちょこちょこ存在しない方が

いいのかなという気持ちもあります

 

それが私なりの親との距離感ですね

 

こうでないとダメとか そういうものは

ないのだと思います

それぞれの家族には家族の在り方が

あると思うので・・・

 

母の日だから 父の日だからって

親が子供に催促するというか 

何かないのか!みたいなのもどうなのかなって

贈り合える関係であったのかどうか

自分が育てたように子供は育っているのだと

思うので。。。

若い子はとにかく自分の生活に一生懸命ですし

あってもなくても 頑張って生きているって

ことだけで 良しとしたいです

 

わが家の子どもと私たち夫婦は

逆になんだか べったりになっている感じ?で

家が大好きになっていて 出て行ってねって

本当に今言い続けています

今から言わないと 行ってくれない気がする

義両親宅をリフォームするかもしれない件にも

自分らの部屋は?って いつまでいる気だ?

多分 そんなこと言っても あっさり出ていくのが

子どもなんだろうとは思いますが。。。

 

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

ここから - にほんブログ村