ここから

『ここから』はじめるお金のこと

読書という趣味

さいころ 私は大人の世界に近いところで

過ごしていた子供でした

大人たちは 時代はバブル

楽しそうに踊っているかのように

にぎわっていました

 

私の周りの世界であり

他の同じ年代を生きた方に確認すると

それほど感じなかったと言います

だから 本当に私の周りは祭りごと

だったような時代です

 

 

 

読書が好きでした

今も好きです

近所に大きな図書館があり

暇があれば そこに行きました

大きな本屋もあり

そちらにも出かけました

f:id:sakurakokun:20210204221412j:plain

 

すべて歩いて行ける範囲内

良い環境だったと思います

 

自分の育った環境で大人びてしまった感覚

友達との差を感じることはありました

それなりに裕福でもありました

 

でも小学生らしい子供ではなかった

かもしれません

 

さいころは丸い窓のある部屋で

好きな本をベッドの周りに並べて

音楽を聴きながら 過ごしたいと

思っていました

 

 

子供っぽい わちゃわちゃも

好きではなく

大人の世界もうるさすぎて

本音と建て前があることを知るとか

空気を読むとかに疲れを感じました

 

自分の好きな世界にこもることが

楽しみであったような気もします

 

自分の性格に本を読むということが

合っていたのだと思います

 

読書という趣味は一人でどこでも

できることなので永遠のように思います

読む分野により 人と話しているような

感覚になるため 寂しさはありません

 

読み終わった後は自問自答していて

答えを自分の中で探すため

それも永遠に楽しめる事柄です

 

旅と読書のセットが とても好きです

遠出する前の本屋はふとした出会いのようで

幸せです 

 

子育てがあり 仕事があり 家事があり

なかなか そこまで読書を楽しむことが

できていないです

さっくりと 一話完結のように読めるもの

ばかりになっていますが

読むのは好きです

人のエッセイやコラムも好きですね

 

ネットでもそのようなものばかり

読んでいます

 

読書は旅のようなものであったり

過去との会話のようなものだったり

映画のようにストーリーにのめり込むことができたり

それはイマジネーションの一人遊び

なんでしょうね

 

子供に読書がいいというのは

文字の中から想像力を豊かにする力を養える

からだと思うのです

 

もっと色々深いものが読めたら

いいなと思っているのですが

仕事から帰って そこまで頭を使えず

さらっと読めるものばかりになっています

まぁ それでも十分楽しいから

いいかな

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

ここから - にほんブログ村