ここから

『ここから』はじめるお金のこと

人生最後はつけを払う時がくるように思う

40代半ばまで生きていると

知り合った人

一緒に仕事をした人

の中で色々な人が亡くなることが

段々多くなります

 

 

亡くなるだけではなく

うーん

それは幸せな出来事ではないねという

状況になっていると知ることも

あります

 

人生100年時代からしたら

まだ半分にも到達していないのですが

人ってやっぱり

最後は自分がしてきたことの

つけを払わされるのではないのかなって

そんな気がします

 

会社で出会った人に攻撃してくる人

嫌がらせする人

マウンティングしてくる人

人の価値観はそれぞれだから

合う人合わない人あるよなと思い

生きてきましたが

人として やっぱり良くないことを

している人は

それなりの報いを受けるというか

人を騙したり 陥れたりね。。。

 

報いを本人が受ける場合は

誰も寄り付かなくなり

身よりはあるのに身よりがないような

状況になるのかな

 

もしくは 不幸がその家族に影響するように

思ったりします

 

偉そうな上司のお子さんが引きこもりの30代

そういう人数名知っています

 

仕事場での人生って 男の人だとメインに

なるのかもしれないけれど

どうふるまってきたか

何を成し得てきたか

 

仕事人生の後 特に連絡を取り合う人も

いなくなり

家族とも距離が出来ていたという感じ

結構周りであるあるです

 

仕事を頑張ることはいいことだけれど

ザ・昭和の価値観って

本当にもう要らないのですよね

 

効率効率とばかりの男性

奥さんも正社員で共働きだけれど

ルンバ買ったり 食洗器入れたり

色々しているけれど 奥様の不満は減らない

なんででしょうね?

気づいていないのだろうなぁ

いくら機械を入れても 奥さんの負担が減っていないってこと

お金の管理も彼がしているから

奥さん 結構しんどいのだろうな

家事をなんとなく軽く考えている風な口調

分かり合える日はくるのかな

 

 

この家庭の最後がどうなるのか

私は知る由がないけれど

男性って なんだか寂しい最後になりそうで

 

女性が働く世の中

子どもも大きくなったら

あなたとの人生は要らないわって

いわれても仕方ないのかも

 

人生の後半 まだ私は後半ではないのかな?

その入り口に入ろうとしている今

なんとなく

人って生きてきた結果を受ける日がくるのだなと

なんとなく感じるのです

 

昔なら専業主婦の奥様が多くて

ちょっと横暴な旦那さんだとしても

頑張って働いてきてくれているのだからという

ような風潮があったけれどね

 

今は女の人って 何年もかけて離れる準備を

していたとしてもおかしくない

私がもし別れたいと思う夫がいたとしたら

きっと そうします

出来るだけ準備して いざ そのときを

待ちます

 

最近パワハラして大事なポジションの人を

辞めさせた人の話を聞いたりして

あぁ 悲しいかな その人は何かを受ける時が

くるのだろうなと

思ったりしました

 

その方も再雇用の役員 

威張ったとして 後数年なんですけれど

威張れる場所でいくら威張りちらかしても

人が頭を下げてくれる日々はあっという間です

みんな賢いから そうしているだけ

後はサラリーマン人生ってなんだったろうかと

いう老後がくるのだけれどね

 

夫と私は 昔同じ会社で働いていて

あの人亡くなったららしいよ、、、という人を

2名聞きましたが

うん、、、 あまり素敵な方ではなかったからねって

こういう話しを他ですると

同じようなこと 確かにあるねって言われました

だから そうなのかもしれないな、、、って

 

きっとコロナ禍でみんな今まで通りの

生活ができなくなり

社内でも大変になってきているから

ギスギスしているのだろうけれど

感情のコントロールが出来ない人は

沢山いるのです。。。

 

コロナ禍のせいなのかな?

だからといって やっていいことと

良くないことがあるよね

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ

ここから - にほんブログ村