ここから

『ここから』はじめるお金のこと&日々のこと

ある程度の貯蓄や資産が出来た時から気が楽になったこと

人によって いくら預金があったら気持ちが楽に

なるかというのは 違うと思うのですが

私の場合は 中古の一軒家位なら買えるかなとか

高級外車とか、、、

それくらいになった頃から 気が楽になってきました

 

 

気が楽になった理由は色々あります

 

○夫の昇進

夫の給与も管理職の道が決まってから

年々多少は上がり よほどのことがない限り

落ちていくことがないので 彼の収入の算段が

つくようになったのも一つです

 

管理職になると残業代とかもともとつかないので

月々に変動がないのですよね

あとは彼の責任が増えることのストレスの問題ですが

彼は私と同じで 壁があると燃えるので

がんばれ~って感じです

 

○子供の教育費の大体の予想がついた

子どもの大学資金の大体の用意はできていますし

実家からの援助の額も教えてもらっているため

計算がしやすくなりました

 

○夫の定年が65になるということ

公務員の定年が65になります

大手企業の定年 私の働いている会社も来年度より定年は

65になることが決まっています

60から再雇用になるのかなと思っていたのですが

このままの給与体系で65までいけると

とても助かるなという感じです

 

夫の65定年が大きいのかもしれないなぁ

感謝ですね

 

夫の収入で生活して 私の収入を預金に回すという

スタイルを頑張ってきたのでようやく ちょっと

山の上が見え始めたのかなと思います

 

あとは お金のことをばかり考えても仕方ないので

私の働き方を考えて 互いの親の介護や手伝い

しっかりと良い食料を買って 食べることで

健康を維持する生活を利用にしています

 

 

資産3000万でアッパーマス層

資産5000万で準富裕層

と呼ばれるのですが

そんなにはないです、、、

でもそれでも大丈夫かなぁと

思うところです

 

お金を持っては死ねないので

住む家が確保できて 老後の施設代一人分を

考えて計算していければと思います

 

多分 あとは

○夫の退職金

○両方の親の相続

 

多分どちらもあるはずなので

老後のお金は自分たちで用意するのは

これくらいあればいいのかなぁと思う

感じです、、、

取らぬ狸の皮算用ですけどね

 

あてにしなくても何とかなるとは思っています

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ