ここから

『ここから』はじめるお金のこと

2020年6月 家計簿(7月予算)と買ったもの

 

毎月 費用はほぼ同じです

子どもの年齢と学年が変わると

設定金額が変わるくらいです

 

支払い  
ローン 35,000
食費 47,000
雑費 4,000
レジャー費 11,000
夫小遣い 40,000
私小遣い 20,000
ネット&携帯(4台) 17,000
医療保険(4人分) 21,000
NHK 2,500
水道 10,000
電気 15,000
学校&給食 41,000
ガソリン 16,000
塾代(2人) 35,000
車保険積立 6,000
子ども小遣い 6,000
子ども歯医者 2,000
バス代 5,000
合計 333,500

 

貯蓄関連  
学資 12,000
ideco 23,000
個人年金 10,000
百貨店友の会 5,000
賞与お小遣い積立 5,000
貯蓄保険 14,000
現金貯蓄 130,000
合計 199,000

 

生活費に約330000円

貯蓄費に約200000円

となります

 

夫と私の収入で成り立っています

 

6月中に上の家計簿以外で購入したもの

衣類 4,200
子ども服 4,460
下着 3,850
雑貨 1,692
プチプレゼント 1,045
雑貨 1,480
お中元3つ 15,000
衣類 4,700
化粧品 3,680
   
合計

40,107

 

暑い季節になりましたので

衣類関係が多いです

衣類はほぼネットですね

ブランデリなどアウトレットを利用する

ことがよくあります

www.brandeli.com

 

買い物の4万円のうち

お中元代は賞与から捻出します

あとの買い物代も賞与からと

あと私の残業代から出したりしています

 

雑貨やプチプレゼントは

家計費の中でなんとなく余ったお金から

出していることもあります

 

我が家の場合は前にも書いたのですが

ローン返済額が少ないのが家計に影響を

及ぼさないポイントだと思っています

 

30代のうちに何度も繰上げ返済をして

貯蓄が少し貯めにくかったですが

返済額を縮小するようにしました

 

理由は夫に何があってもいいように。。。

でしょうか

生活費の中で大部分を占めるのがローン部分に

なると思うので(もしくは家賃)

ここが低く収まったら 生活はかなり楽になるなと

思ったのですよね

 

残っているローンも返してしまおうと

思えば もっとどんどん返済できるのですが

今は止めています

 

子どもの教育費部分を残していることと

ここからはETF購入などにお金を回していこうと

考えています

 

○二人で働く 

↓ ↓ ↓ まとまったお金を用意する

○まとまった金額をローン返済に回す(30代)

↓ ↓ ↓ ローン残高を少なくする 月々の返済を減らす

○教育費をためる(30代後半~40代半ば)

↓ ↓ ↓ 子供の教育費を用意してしまう

○老後資産をためる(40代半ば~・・・)

 

こんな感じできています

 

子どもが小さい頃は確かに子供にかかるお金が

少なくて済みました

その時期に働いてきたのは大変ではなかったとは

言えません。。。

 

子どもたちも健康で 周りの環境もよく

ありがたいことだったと思います

 

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ